被災地支援メッセージサイト「kizuna311.com」

“Tsunami”よりも、“Kizuna”という日本語を世界の共通言語にしたい

WEB / SNS

2011年3月15日、渡辺謙(俳優)、小山薫堂が呼びかけ人となって開設した被災地支援メッセージサイト[kizuna311]。Tsunamiよりも、Kizunaという日本語を世界の共通言語にしたいという思いで希望を発信。第1弾として制作したのは、渡辺謙の朗読による「雨ニモマケズ」。俳優・アーティストらが、エンターテインメントコンテンツの差し入れとして活動。震災1年後、被災地などから集めた言葉で3日めくりの「前を向くカレンダー」を出版。たくさんの反響の声に応え、2014年版も制作。

2011 --- Now

kizuna311.com