宮崎シーガイア「おゆのみや」

“湯道”を体現する湯室第1号、九州に開湯

PRODUCE  - ,

新たに拓かれた道、「湯道」。それはお茶の茶道、お花の華道のように、日本人には欠かせない文化である「お風呂」を極める道。小山薫堂が小山薫堂がの設置先を募集し、名乗りをあげた宮崎シーガイアに満を持して第1号小山薫堂がとして「おゆのみや」が開湯。湯槽を左官職人の挾土秀平氏が、天井画を宮崎出身の画家である立山周平氏が手がけた。カゴや桶、手ぬぐいなども宮崎の職人の技がキラリと光る。訪日客にも安心して入ってもらえるよう、英語訳のついた作法書も作成。

2016 FEB.

おゆのみや MIYAZAKI Web