羽田空港「旅する日本語展」

片岡鶴太郎氏と小山薫堂氏によるコラボレーション作品を空港に展示

PRODUCE  - 

羽田空港国内線第一旅客ターミナル出発ロビーにて、日本空港ビルデング株式会社による「旅する日本語展」と題したギャラリーをプロデュース。旅情感溢れる美しい日本語を、片岡鶴太郎氏の絵画と小山薫堂のエッセイで表現したもので、11作品の絵画・エッセイとも本展示のために制作したオリジナル。年間約6,200万人が訪れる出発ロビーで、2016年4月から1年間展示し、日本語の魅力と旅の楽しさを発信。 Photo: Sadato Ishizuka

2016 APR. --- 2017 MAR.

羽田空港「旅する日本語展」Web