プロジェクト / 事業プロデュース

YANAKA SOW

積水ハウス Airbnb

#地域 #旅 #空間プロデュース

「暮らすように旅する」
新しいスタイルの宿泊施設

オレンジ・アンド・パートナーズと
世界最大級の旅行コミュニティプラットフォームのAirbnb
共同プロデュースによる新しいスタイルのホテル
YANAKA SOW。
ホテルオーナーは、初の有人ホテル事業を手がける
積水ハウス不動産東京株式会社。
ハウスメーカーの技術と民泊運用のノウハウが
組み合わさることで、旅と暮らしの間にある、
丁度よい居心地の宿泊体験を提供します。

プロローグ

「住むと泊まるの間」の体験

まず、考えたいのは、 「これからの暮らし」にフィットするスタイルの 宿泊を提案する場所になること。旅のスタイルは、日々進化を続けています。 近年はリゾートホテルのような豪勢な非日常の体験ではなく、 民泊に代表される手の届く日常感に注目が集まっていました。常に揺れ動く旅行ニーズの中で、私たちがこれから作るブランドが目指すのは 先進的でありながら、不変のニーズとなるような「住むと泊まるの間」。アットホームな家と、快適で清潔感のあるホテルの中間のような空間を描き、人間味のあるおもてなし提供するホテルを企画しました。

YANAKA SOWの特徴

<3つのSOW(ソウ)>
「荘」
住むと泊まるの間のような、地域と交わる丁度良い場所をつくること
「添う」
町の空気に寄り添い、旅人と住人を繋ぐ役割を担うこと
「層」
何層にも重なる谷中の文化を掘り探るように楽しんでもらうこと

「荘」
住むと泊まるの間

「〇〇荘」のように、“人間味”を感じる居心地の良さと、ホテルの快適さの両方の良さを活かし、「住むと泊まるの間」の新しい体験を提供します。
客室は全室キッチン付きで“住む”ことにも対応できる設計にし、ソフト面では無料のランドリーなど暮らしをサポートする機能を提供します。1日だけの人も、長く住み込む人も。 どちらにとっても過ごしやすい空間と、 それぞれに合わせた、町での過ごし方を提案します。

地域に寄り添う、
YANAKA DIGGER

「添う」
町の空気に寄り添い、旅人と住人を繋ぐ役割を担う

YANAKA DIGGERとは、チェックインの時間に施設に在席し、ガイドを行う谷中の町に詳しい案内人のこと。
YANAKA DIGGERは「民泊」のホストからヒントを得て、多様化した旅行者のニーズに対応する為に自らの足でまちを調査し、地域との関係性を築きました。
地域をよく知り、地元民とのつながりが広いYANAKA DIGGERは旅人にとっては、旅先で出来た友人のような存在。YANAKA DIGGERを通すことにより初めて訪れた場所でも昔からそこに 住んでいたかのように旅をすることができます。

YANAKA SOWが提案する
地域の楽しみ方

「層」
地域文化の深掘り

何層にも重なる谷中の文化を掘り探るように楽しんでもらうこと。
YANAKA DIGGERが谷中の町を独自の目線で切り取ったガイド本「DIG BOOK」や専用の「DIG MAP」などを用いて主観的観光をサポート。
また地域の情報が溜まっていく仕組みとして、ゲストが町のお気に入りの場所をポストカードに記入し、投函できるポストを設置。投函したポストカードは、地域と旅人だけでなく、旅人と未来の旅人を繋ぎます。
ホテル自身がメディアとなって、 独自で町の価値を見つけ、編集し、発信する。 地元の方々にとっての再発見にもつながります。

Client:積水ハウス不動産東京株式会社
Executive Producer:小山薫堂
Producer:佐藤剛史
Project Manager:佐藤剛史
Planner+Director:橋詰隼人、永山慶志郎

YANAKA SOW
予約ページ

実施時期:2021年5月 OPEN

他のプロジェクト